トップ 弁当・仕出しガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

弁当・仕出しガイド節約と弁当仕出し > 弁当と冷凍

弁当と冷凍

弁当と冷凍の画像

カレーを冷凍して弁当にしましょう。室内で食べる場合、最近ではどこでも電子レンジがあるのでおいしくいただけます。一食ずつに分けて、コクも深まるのでおすすめです。でも、冷凍するときは、絶対にじゃがいもは入れずにカレーを作るのがポイントです。じゃがいもを入れると腐りやすいのです。冷凍食品売り場を参考にしたら、一目瞭然ハンバーグ、から揚げ、ひじき、きんぴら、グラタン、酢豚が人気のようです。普段から多目に作り、小分けして、朝チョイスしてチンしたら便利です。

明治時代、給食もなく、また現代のように外食施設が発達していなかったこの時代、役所に勤務する官吏たちは江戸時代からあるような腰弁当を提げて仕事に出掛けていたのです。そのため、安月給の下級役人は「腰弁」などと呼ばれていたのです。また、明治初期の学校では昼食を提供していなかったので、生徒と教師たちは弁当を持ってこなければならなかったのです。今の時代は、給食があるのでみんなと一緒の食事がおいしく食べることができ、とても良い時代になったことがわかるのです。

鉄道駅で最初の「駅弁」が発売さたのいつでしょう。最初に駅弁の販売が始まった場所に関しては複数の説があり、はっきりとは判らないが、おおむね1870年代後半から1880年代前半にかけての時期ではないかと推測されているのです。当初の駅弁はおにぎりと沢庵を竹の皮に包んだような簡易なものであったようです。サンドウィッチのようなヨーロッパスタイルの弁当が現れ始めたのもこの頃からでしょう。

簡単なお弁当と言えば、焼肉弁当も レパートリーのひとつです。焼肉にした時は ご飯が多めなのでおかずが少なくてすむのです。だから私の簡単弁当のひとつになっています。大正時代、学校に弁当を持って来る慣例を廃止する動きがあり、社会問題に発展したのです。第一次世界大戦とそれ以降に不作が続くと、東北地方からの都会への移住者が増えたのです。そのため所得格差が大きくなり、弁当に大きな貧富の差が表われたでしょう。この現象が肉体的な面からと精神的な面から、子供たちに好ましからぬ影響を与えるたのではないでしょうか



スポンサー広告

ネットショップ広告


弁当・仕出しガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 弁当と冷凍

カレーを冷凍して弁当にしましょう。室内で食べる場合、最近ではどこでも電子レンジがあるのでおいしくいただけます。一食ずつに分けて、コクも深まるのでおすすめです。でも、冷凍するときは、絶対にじゃがいもは入れずにカレーを作るのがポイントです。じゃがいもを入れると腐りやすいのです。冷凍食品売り場を参考にしたら、一目瞭然ハンバーグ、から揚げ、ひじき、きんぴら、グラタン、酢豚が人気のようです。普段から多目に作り、小分けして、朝チョイスしてチンしたら便利です。 明治時代、給食もなく、また

弁当・仕出しガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。