トップ 弁当・仕出しガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

弁当・仕出しガイド節約と弁当仕出し > 弁当と冷凍

弁当と冷凍

弁当と冷凍の画像

1年に1度だけ生のグリーンピースが出回る季節がやってきたのです。ぜひ、この「生のグリーンピース」を使って春を食して頂きたく「グリーンピースおにぎり」はカンタンにつくることができるのでご紹介しました。フライパンを使って水分を飛ばしながら煮上げる方法は、グリーンピースをちょうどよい固さに仕上げてくれるのです。また、新じゃがいもは大抵のお弁当箱に収まるプチサイズにしましょう。このコロッとしたカワイさを活かして新じゃがいもをカップに見立ててチーズカレー焼に。

一口サイズのカレーは、きっとお子さんも気に入ってくれるお弁当レシピになるでしょう。お弁当に冷凍食品だって悪くないのです。ほうれん草やかぼちゃ、いんげんなど、素材の冷凍食品はお弁当に欠かせないのです。気になる人は産地や原料をよく確認するといいでしょう。 市販の冷凍食品を使うことに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、お弁当には「あと一品」というときに便利だと思うのです。もちろん全部手作りの料理を詰められればいいですが、それができないからお弁当そのものを作らないというのでは考えものでしょう。

節約面から考えると、やや値段が上がってしまいますが、それでも外食やコンビニ弁当よりはリーズナブルしょう。また、健康面から考えたときも、外食やコンビニ弁当を食べていれば、どういった食材が入っているかはわからず、知らないうちに冷凍食品などが使われていることもあると思うのです。お弁当のおかずで胸ときめかせてくれるおかず第一位に輝いたのは、トップについた「鶏の唐揚げ」でしょう。うちの家族も、弁当のおかずといえば「鶏のから揚げ」です。

第二位以降は「卵焼き」「ハンバーグ」とお弁当のおかずの半ば常識、ルール的なものがおさまっているが、四位に「アスパラベーコン巻き」が入っているのは意外でしょう。結構手間がかかるこの料理、だからこそ前日夜遅くまで下ごしらえをして朝早く作ってくれた作り手の気持ちが心に響いて、嬉しさを増幅させるのでしょう。第五位の豚肉のしょうが焼きはいそがしい朝でも簡単に作れるし、食欲もそそられるのではないでしょうか。



スポンサー広告

ネットショップ広告


弁当・仕出しガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 弁当と作り置き

1970年代、駅弁は国鉄のディスカバー・ジャパンキャンペーンもあって、鉄道で観光旅行に出かける人が増えると、各地の素材や郷土料理を活かしたもの、観光地にまつわる物など、より多様なものとなった。中小規模の企業で、自前の食堂を持たないところを対象に、弁当を配達する業者も一般的となったのです。またこの時代、ジャー式の保温弁当容器が開発され販売されたのです。これが普及したことによって、職場や学校に弁当を持参していく方たちも温かい弁当を食べられるようになったのです。 お弁当のおかずを

弁当・仕出しガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。