トップ 弁当・仕出しガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

弁当・仕出しガイド弁当仕出しの定番 > 弁当と容器

弁当と容器

弁当と容器の画像

お弁当にはやっぱりお肉、鶏ささ身と三つ葉ののり和え弁当、豚肉の照り焼き弁当、焼き肉サンド弁当、チーズ入りビーフロールカツ弁当、豚肉のしょうが焼き弁当、ケチャップソテー弁当、とんかつ弁当肉と野菜の炒め物弁当、豚しゃぶのごまじょうゆだれ弁当、ハンバーグ弁当、炊き込みごはん弁当、チキンのマーマレード煮弁、中華風揚げ鶏弁当、鶏つくね弁当、鶏肉の照り煮弁当、鶏の唐揚げ弁当などたくさんのお肉を使ったお弁当があるのです。

弁当の起源は平安時代まで遡ることができのです。当時は「頓食(とんじき)」と呼ばれたおにぎりのほか、「干し飯(ほしいい)」または「糒(ほしいい)」と呼ばれる調理済みの乾燥米が携帯用の食料として利用されていたのです。干し飯は小さな入れ物に保管することができ、そのまま食べる、あるいはこれを水に入れて煮るなどして食べられていたのです。昔のお弁当はどんな味がするのでしょうか。平安時代にタイムスリップして食してみたいです。

お弁当を上手に詰めるコツは、仕切りでくぎられ、ご飯の量が調節出来るお弁当箱では、まず最初にあら熱をとったご飯を詰めるのです。 次に一番食べてもらいたいメインのおかずを詰めるのです。メインとなるおかずは大きくかさばるものが多いので、先に詰めておくと楽になるのです。 おかずの詰め方のコツは大きいものから詰めていくことなのです。そして、あいたスペースに小さいおかずを詰めていきましょう。 栄養バランスと色合いを考えながらすき間を埋めていくことで、バランスの取れたきれいなお弁当を作ることが出来るのです。

それでもお弁当箱には、すき間が出来てしまうものです。そのすき間を埋めるには、プチおかずを用意しておくと便利なのです。小さなすき間もきっちり埋めることで、くずれないお弁当を作ることができるのです。 ハンバーグの種でハンバーグだけではなくミートボールを作ったりして置くと一品足りないときなど便利でしょう。ミートボールは真ん中に角切りのプロセスチーズやウインナーなどを詰めてもいいでしょう。油で揚げてそのまま冷凍してケチャップや和風のたれで煮て温めた物をお弁当に詰めれば良いでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


弁当・仕出しガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 弁当とランチ

お昼にお弁当を持って行く男性を、お弁当男子と言うそうですが、女性には好印象な様なのです。よし、これからはお弁当を持って行こうと思われたあなた、いい心がけですね。たまご焼きと冷凍の小分けされたおかずしか思いつかないなんて言う事もあるのではないでしょうか。たまには、惣菜を買って詰めるだけでもいいのではないでしょうか。お肉と野菜を炒めて焼き肉のたれを加えた、簡単レシピもおいしいので一度ためしてはどうでしょう。 幼稚園、運動会、遠足などでお子様が、行楽、ピクニックなどで家族が、お仕

弁当・仕出しガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。