トップ 弁当・仕出しガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

弁当・仕出しガイド弁当仕出しの定番 > 弁当とレシピ

弁当とレシピ

弁当とレシピの画像

今の季節にほうれん草や菜の花を湯がいてから、1人分ずつに分けてラップにくるんで冷凍してはどうでしょう。そのまま弁当に入れると、食べる時に解けて便利です。寒い時は醤油を入れておきます。食べる時、先に醤油を掛けておくと解けやすいからいいと思います。たまには、旬の野菜も安くておいしいので少し手間をかけてつくりおきしたり、冷凍されてみてはどうでしょうか。我が家もたまにですけど、時間をみつけては弁当のおかずをつくりおきしたりしています。

弁当のおかずは、豚肉とピーマンのケチャップカレー炒め、玉子焼き、ほうれん草、軽く塩コショウした豚肉とピーマン、下茹でしたピーマンを炒めてケチャップ、カレー粉、醤油、豆板醤で味付けしてみました。分量はケチャップ、カレー粉が各大サジ2です。醤油が大サジ1です。豆板醤が小サジ1です。豚肉が150gです。塩コショウは各小サジ0.5程度を適量です。ピーマンが5個です。ニンジンが彩りで1/2本です。できたらニンジンとピーマンを入れてサッと炒め合わせ、次に調味料を入れ、全体に絡めるように炒めます。一品にどうでしょう。

小学校の運動会のお弁当は、何だかいつものお弁当よりも美味しくて楽しくてとても楽しみだったのを思いだします。小学校の運動会のお弁当のおかずには、自分が食べられないものも入っていたのを思いだします。大人のおかずとでも言いますか、父用のおかずも入っていて何だかそれがとても嬉しいような楽しいようなそな気がします。小学校の運動会のお弁当って、一人一人分け与えられるものではなくて重箱を家族がみんなでつつく楽しさがあったのでうれしかったです。

世界に一つしかないお弁当作りしましょう。 ところで、親がお弁当を作ると中身は、玉子焼き、から揚げ、たこウインナー、うさぎのりんごですよね。子どもが好きなものをと思うあまりに、どれも似た様な内容になってしまいます。 ところが子どもが作ると、本当にバラエティ豊かなお弁当が出来上がってしまうのです。子供はすごいアイデアをだしますので、親とはまた違うお弁当を作ってくれるでしょう。皆さんの子どもさんにもお弁当を作らせてみてもいいと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


弁当・仕出しガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 弁当と盛り付け

安土桃山時代には現代でも見られるような漆器の弁当箱が作られるようになり、この時代より弁当は花見や茶会といった場で食べられるようになったのです。きれいな盛りつけのコツは、 お弁当を食べる人が、おかずの大きさ、詰め方、色の配分など、視覚によってもおいしそうかどうかを判断するでしょう。お弁当のフタをひらいた時、食べる人がおいしそうだと思えるような盛りつけを心がけると、本当においしく食べてもらうことができとてもうれしくなるでしょう。 江戸時代、天下泰平の時代、弁当はより広範な文化に

弁当・仕出しガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。