トップ 弁当・仕出しガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

弁当・仕出しガイド弁当仕出しの定番 > 弁当と食材

弁当と食材

弁当と食材の画像

手作りの弁当はありがたいのですがたまに思うことは皆さん一緒なのでは。「嬉しいとはあるけれど何かお酒のおつまみというか昨日の晩飯のおかずの残りみたいだな」とほほえましさのあまりにちょっと吹き出してしまうようなものもかなり含まれていることもあります。三色揃えば、おいしそうに見えるお弁当の彩りまで気を配ることで見栄えだけでなく、栄養素の偏りもなくなるという効果があるのです。余裕が出てきたら、意識してみてはどうでしょう。

一人暮らしのお弁当は何より簡単に作れるのが一番ですが、見栄えだってよければ、それに越したことはないでと思うのです。お弁当箱を開いた瞬間においしそうに見えるためには、赤と黄と緑の食材が入っていることがポイントなのです。あるものを適当に詰めると、茶色がメインのお弁当になりがちなのです。同僚や友達に「どんなお弁当作ってるの」なんて覗かれたときに、あんまり色彩の悪いお弁当というのもちょっと気になるでしょう。

ミニトマトや卵、冷凍枝豆など、簡単に添えることができる食材を常備しておくと便利なのではないでしょうか。じゃことしし唐辛子炒めは、お弁当のおかずにおすすめです。 熱湯をかけて塩抜きしたちりめんじゃことししとう、キノコ類を炒め合せて、砂糖・醤油で佃煮風に炒めましょう。ご飯はたくさん炊いて冷凍ご飯はお弁当一回分ずつで冷凍しておくと便利でしょう。おかずを全部作って持っていかなくても、足りない分はお惣菜を買い足してもいいでしょう。

お弁当に持っていく主食の基本となるのは、ご飯(お米)だと思います。でも、これも毎日お弁当のために炊くには「夜のうちにお米を研いで…」なんて考えていると、意外と面倒なのではないでしょうか。そのため、私は普段から一度にたくさんご飯を炊いて、お弁当箱の大きさに合わせて冷凍し、朝には電子レンジで解凍するだけでいいようにしています。お弁当箱は詰めやすい、持ちやすいものを選ぶと便利だと思うのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


弁当・仕出しガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 弁当と冷凍

カレーを冷凍して弁当にしましょう。室内で食べる場合、最近ではどこでも電子レンジがあるのでおいしくいただけます。一食ずつに分けて、コクも深まるのでおすすめです。でも、冷凍するときは、絶対にじゃがいもは入れずにカレーを作るのがポイントです。じゃがいもを入れると腐りやすいのです。冷凍食品売り場を参考にしたら、一目瞭然ハンバーグ、から揚げ、ひじき、きんぴら、グラタン、酢豚が人気のようです。普段から多目に作り、小分けして、朝チョイスしてチンしたら便利です。 明治時代、給食もなく、また

弁当・仕出しガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。