トップ 弁当・仕出しガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

弁当・仕出しガイド弁当仕出しの定番 > 弁当とアイデア

弁当とアイデア

弁当とアイデアの画像

忙しい朝は解凍し、温めなおして詰めるだけでOKのおかずなどはどうでしょう。ご飯だけでなく、お弁当に使いやすいおかずも冷凍しておくと、お弁当づくりが一気に簡単になると思うのです。すべて電子レンジにかけて詰めるだけなら、10分もあれば十分でしょう。普段の食事を作るときに小さいものを作ったり、小分けにしたりして冷凍しておきましょう。冷凍を上手に活用すれば、食材の無駄も減って、さらに節約になるのです。我が家の冷凍庫にもたくさんのおかずが入っています。

弁当がくずれないコツは大事なのです。 盛りつけたときはキレイでも、食べようとフタをひらいた時にくずれていたり、片寄ったりしていたら、食欲は半減してしまうものです。せっかく作るのですから、そうならない様、コツを押さえてお弁当を盛りつけるといいのです。なるべく詰めて盛り付けるのがポイントになります。ピクニックお弁当のポイントは、こども用のおにぎりを小さなだんごにすれば、食べきることができるのでオススメです。

おにぎり編は、おかずの汁気がおにぎりに移ることを防ぐため、別々の容器に入れることをオススメなのです。子供用のおにぎりは、大人と同じサイズだと残してしまう可能性があります。小さめにしてあげると食べきれたと子供たちも満足するでしょう。クッキングシートは端同士を合わせて折りたためば即席の仕切りカップになるので便利なのです。大きなサイズになるので重宝するでしょう。おにぎり、おかずは腐敗防止のため、冷めてから詰めるといいでしょう。

サンドイッチ編は、サンドイッチソースの汚れが気になる場合は、底にクッキングシートを敷くと安心でしょう。パンに水滴がつくのを防ぐため、バターなどを塗りましょう。切り口を上に見せて詰めることが多いので、サラダ菜などの野菜の水気はキチンとふき取るのがいいでしょう。パンを軽くトーストしてからサンドすると、更にパンがベチャッとなりにくいでしょう。いつもは冷凍食品でお世話になっているはグリーンピースではないでしょうか。



スポンサー広告

ネットショップ広告


弁当・仕出しガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 弁当とレシピ

今の季節にほうれん草や菜の花を湯がいてから、1人分ずつに分けてラップにくるんで冷凍してはどうでしょう。そのまま弁当に入れると、食べる時に解けて便利です。寒い時は醤油を入れておきます。食べる時、先に醤油を掛けておくと解けやすいからいいと思います。たまには、旬の野菜も安くておいしいので少し手間をかけてつくりおきしたり、冷凍されてみてはどうでしょうか。我が家もたまにですけど、時間をみつけては弁当のおかずをつくりおきしたりしています。 弁当のおかずは、豚肉とピーマンのケチャップカレ

弁当・仕出しガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。