トップ 弁当・仕出しガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

弁当・仕出しガイド弁当仕出しの知識 > 弁当と作り置き

弁当と作り置き

弁当と作り置きの画像

1970年代、駅弁は国鉄のディスカバー・ジャパンキャンペーンもあって、鉄道で観光旅行に出かける人が増えると、各地の素材や郷土料理を活かしたもの、観光地にまつわる物など、より多様なものとなった。中小規模の企業で、自前の食堂を持たないところを対象に、弁当を配達する業者も一般的となったのです。またこの時代、ジャー式の保温弁当容器が開発され販売されたのです。これが普及したことによって、職場や学校に弁当を持参していく方たちも温かい弁当を食べられるようになったのです。

お弁当のおかずを冷凍すると便利です。夏場なんかは、凍ったまま入れると保冷効果もあり、楽です。卵焼き、きんぴら、炒め物、ひじきの煮物、肉じゃが、かつ類、ミートボール等が多いですが、お弁当用のおかずカップで小分けし冷凍しておくと楽になります。(こんにゃく等の水分が多い素材は、スカスカに感じる事もあるので注意しましょう)いそがし朝は、玉子焼きと簡単な炒め物のおかずでおいしいお弁当を作りましょう。

お弁当レシピに、ミニフライパンに、卵1個をコンソメ少々で味付けたオムレツタイプ、火が通るまで弱火、端っこにウィンナー1本同時に火を通します。キャベツを少し千切りにし、味がつくかつかない程度塩もみします。ご飯を詰めます。今日はご飯の上にお肉を載せるので、ご飯多めにします。卵、ウィンナーをつめます。薄切り豚肉を用意し、ガーリックソルトの調味料をかけ、焼きます。最後に醤油一滴いれ、ご飯の上に載せるように置きます。

夕ごはんのおかずの残りを冷凍しましょう。例えば、ひじき豆や五目豆、切干大根の煮物などを作ったりします。1回でそんなにたくさん食べませんから絶対残ると思います。その残り物ばかり食べるのが嫌でついつい作るのを敬遠しがちですが、この残りを、アルミケース(8号ぐらいの大きさ)に入れ分けて、それを薄型の密閉容器に入れて冷凍しておくといいでしょう。そしてお弁当のおかず入れに凍ったままポンと入れるだけで1品出来上がりなのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


弁当・仕出しガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 弁当とアイデア

忙しい朝は解凍し、温めなおして詰めるだけでOKのおかずなどはどうでしょう。ご飯だけでなく、お弁当に使いやすいおかずも冷凍しておくと、お弁当づくりが一気に簡単になると思うのです。すべて電子レンジにかけて詰めるだけなら、10分もあれば十分でしょう。普段の食事を作るときに小さいものを作ったり、小分けにしたりして冷凍しておきましょう。冷凍を上手に活用すれば、食材の無駄も減って、さらに節約になるのです。我が家の冷凍庫にもたくさんのおかずが入っています。 弁当がくずれないコツは大事なの

弁当・仕出しガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。