トップ 弁当・仕出しガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

弁当・仕出しガイド弁当仕出しの知識 > 弁当と歴史

弁当と歴史

弁当と歴史の画像

日本では古くから弁当の習慣が起こり、他の諸国では例を見ないほどの発展を遂げていったのです。これは、日本で一般的に食べられるジャポニカ米が、インディカ米などと比べ、炊いた後冷めてしまってからでもおいしいという特徴を持つためであるとされるいるのです。伝統的な日本の弁当は、ご飯と魚介類や肉料理などのおかずを主に、付け合わせとして梅干しなどの漬物を入れているのです。梅干しは弁当の傷みを防ぐ効果があるので昔から入れられていたのでしょう。

おにぎりや稲荷寿司などを詰めた弁当も食べやすいので人気が高いのです。弁当の具材は持ち運びがしやすい容器に入れられるのですが、その容器は「弁当箱」という名で呼ばれるようになったのです。英語では日本語をそのままに「bento」と呼ばれている。日本における伝統的な弁当はそれぞれの家庭でこしらえていくものであり、これは家事の一つとして重要な位置を占めていたのである。今でも弁当を手作りされているか家庭は多いと思うのです。

お弁当に入っていると嬉しいおかずランキングは、 1位が 鶏の唐揚げ、 2位 が卵焼き、 3位が ハンバーグ4位が アスパラベーコン巻き、 5位が 豚肉のしょうが焼き、 6位がエビフライ、 7位がミートボール、 8位がコロッケ、 9位がきんぴらごぼう 10位が とんかつ なのです。海苔弁当の起源は江戸時代中期に板海苔が作られるようになり、庶民が各海産物を安価に手に入れられるようになってから家庭で広く作られる弁当になったものと考えられてたからなのです。

お財布に厳しいこのご時世、節約は切実な課題と考えている一人暮らしさんも多いこの頃です。そこで今回ご提案するのがお弁当なのです。最近はお弁当箱がよく売れえいます。、オフィスにお弁当を持参する「弁当男子」が増えているなんてニュースも耳にするこの頃ですが。いくら安いところを探したとしても、外食やコンビニ弁当はお金はもちろん、健康面からも手作り弁当には敵いません。一人暮らしの皆さん、たまには手作り弁当はいかがでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


弁当・仕出しガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 弁当と歴史

日本では古くから弁当の習慣が起こり、他の諸国では例を見ないほどの発展を遂げていったのです。これは、日本で一般的に食べられるジャポニカ米が、インディカ米などと比べ、炊いた後冷めてしまってからでもおいしいという特徴を持つためであるとされるいるのです。伝統的な日本の弁当は、ご飯と魚介類や肉料理などのおかずを主に、付け合わせとして梅干しなどの漬物を入れているのです。梅干しは弁当の傷みを防ぐ効果があるので昔から入れられていたのでしょう。 おにぎりや稲荷寿司などを詰めた弁当も食べやすい

弁当・仕出しガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。