トップ 弁当・仕出しガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

弁当・仕出しガイド弁当仕出しの習慣 > 弁当と習慣

弁当と習慣

弁当と習慣の画像

お弁当のおかずに、甘塩鮭に酒とこしょうをふり、小麦粉(天ぷら粉でも)と水でドロリとした衣を作り鮭に絡ませます。パセリと粉チーズを混ぜたパン粉をまぶし、フライパンで揚げ焼くのです。これに、青菜のお浸しと、朝の残りのゴボウサラダがあれば、昨日の残りの野菜の煮物が、今日のお弁当おかずになります。 行楽弁当にフライ物は全般的に向いているとは思いますが、ささみチーズカツなんかは冷めても悪くないと思うのです。

シューマイも揚げると香ばしくておいしいでしょう。うずら卵とキュウリとチーズを爪楊枝で刺したものもにぎやかできれいでしょう。煮物は蒲鉾、ちくわ、れんこん、たけのこがいいでしょう。野菜はブロッコリーで、マヨネーズをかるといいでしょう。ワンパターンになりますが、簡単にでき、煮物などは早めに作りその日の夕ごはんのおかずにすれば、一品は考える手間もはぶけていいでしょう。おいしそうだと思ったらぜひためして下さい。

第二次世界大戦の後、学校の昼食は給食に切り替えられ、全ての生徒と教師に対し用意されるようになったのです。これによって徐々に学校に弁当を持参してくる習慣は少なくなったが、現代になって行政がコストを削減させる目的で、一部地域の学校では給食制度が廃止となり、家から弁当を持ってくる習慣が復活しているというのです。弁当の調理は家庭の主婦の仕事とされてきたが、女性が外に勤めに出ることも多くなったなどの事情もあり、コンビニエンスストアで買ってきたおにぎりやパンを持参する生徒も多くなったようです。

気候もどんどん暖かくなってきました。もう夏に向かって準備をされている方も多いのでしょう。私の周りの女性たちは夏を意識してダイエットを始め、ランチにはヘルシーなお弁当を作ったり、買ったりしてがんばっているようなのです。そんな方たちへオススメしたいヘルシー系のお弁当は。脂肪を燃焼するといわれている青唐辛子をしょう油で漬け込み、その調味液と具も一緒におにぎりに混ぜこんだピリ辛ミニおにぎりなのです。またヘルシーな食材の鶏ささみに叩いた梅干をのせてさっぱりとしたおかずを一緒に食べてみてはどうでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


弁当・仕出しガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 弁当とメニュー

きれいな盛りつけのコツは、 夕食で魚を焼く時に小さめの切り身も一緒に焼いて1個ずつラップにくるんで冷凍しましょう。あと玉子焼きを作るときも多めに作って小分けに切りラップに包んで冷凍しましょう。どちらもちょっと1品足りないときに重宝するのです。お弁当におすすめのししゃもの焼き南蛮漬けはどうでしょう。衣がついたお魚を揚げて野菜とともに甘酢に漬ける「南蛮漬け」は最高です。衣が甘酢にしみ込みとても食欲をそそる一品でしょう。 いろいろなお弁当の中にもよく入っていて、遭遇するたびにその

弁当・仕出しガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。