トップ 弁当・仕出しガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

弁当・仕出しガイド弁当仕出しの習慣 > 弁当と文化

弁当と文化

弁当と文化の画像

弁当のおかずにカボチャを使ってみてはどうでしょう。カボチャをチンして裏ごしします。。あたたかいうちにバター、塩コショウで味を整えましょう。チーズを入れてお団子サイズにして冷凍します。お弁当に入れる時にオーブンで5~10分焼きます(レンジだとすればベタベタになるので注意)。色んな色のカップに入れるときれいでしょう。おかずの色で黄色が足りないときは、冷凍しておけばとても簡単に一品できるので便利でしょう。

調理した食べ物を携帯する弁当の習慣は世界中にあるのです。例えばてインドではチャパティとカレーを積み重ね式容器に入れて弁当にする習慣がありますし、アメリカ合衆国ではピーナッツバターとジャムのサンドイッチをランチボックスに入れ、携行して弁当にしているのです。日本では古くから弁当の習慣があり、他の諸国では例を見ないほどに弁当の文化が発展を遂げているでしょう。海外旅行に行った際には、ぜひいろいろな国のお弁当を試食してみてはどうでしょう。

東南アジアのインディカ米などは冷えると不味くなるのに、日本のジャポニカ米は冷めてしまってからでも美味だから弁当が出来たとさえ言われているのです。伝統的な日本の弁当は、ご飯と魚介類や肉料理などのおかずと共に、梅干しなど塩味のきつい漬物などを入れるのです。おにぎりや稲荷寿司などのようにご飯を握り固め携帯と食べやすさを武器にした弁当も各種あるのです。いそがしい仕事などの時には、とても食べやすいでしょう。

日本では弁当は家庭で毎日造り仕事に携行するのが当たり前で主婦の重要な仕事とされていましたが、戦後学校給食が始まったため弁当を作らない家庭も増えてきたのです。お弁当のおかずに、青のりをプラスした衣をプリプリのイカにまとわせて、サックリと揚げたイカの磯べ揚げはどうでしょう。磯の香りに食欲がそそられ、イカの甘味が口いっぱいに広がるのです。いつもとは違うイカの味わいをお楽しみいただけるので、お弁当の一品にいかがでしようか。



スポンサー広告

ネットショップ広告


弁当・仕出しガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 弁当と文化

弁当のおかずにカボチャを使ってみてはどうでしょう。カボチャをチンして裏ごしします。。あたたかいうちにバター、塩コショウで味を整えましょう。チーズを入れてお団子サイズにして冷凍します。お弁当に入れる時にオーブンで5~10分焼きます(レンジだとすればベタベタになるので注意)。色んな色のカップに入れるときれいでしょう。おかずの色で黄色が足りないときは、冷凍しておけばとても簡単に一品できるので便利でしょう。 調理した食べ物を携帯する弁当の習慣は世界中にあるのです。例えばてインドでは

弁当・仕出しガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。